Googleが検索機能をより「ソーシャル」に

Google Seeks to Make Its Search More “Social”

Google Inc. has decided to liven up Web searches with a surprising move that would allow users to recommend search results they found useful to friends, in order to stop Facebook Inc. and other SNS-based companies from getting an advantage in Web development and possible profits from advertisements.

■チェック!

・liven up   活気づける
・surprising  驚くべき、意外な
・get(ting) an advantage  優位を占める

■対訳

Googleが検索機能をより「ソーシャル」に

Googleは、ユーザーが友人に役に立つ検索結果を勧められるという画期的な方法で、ウェブ検索を盛り上げる方針を明らかにした。
これは、Facebook社や他のSNS企業のWeb開発や広告収益に対し、優位に立つためである。

■訳出のポイント

liven up は 「活気づく」、「活気づける」という句動詞。
動詞 surprise「驚かす」が名詞化した surprising は 「驚くべき」、「意外な」という意味。
surprising move で、「驚くべき方法」→「画期的な方法」と訳しています。
get an advantage は「優位を占める」という意味です。
似たような表現で、take advantage of ~ もありますが、これは、「~を利用する」と意味が異なります。区別して覚えておくと便利です。
SNS-based companies 「SNS 企業」の -based は 「~に基づく」「~中心の」で、ハイフンの前には様々な名詞を伴うことができます。
Tokyo-based company 「東京を拠点とする企業」や paper-based information 「紙ベースの情報」など様々な場面で用いられる便利な単語です。
in order to V は、「~するために」という基本表現です。
今回は、in order to の前にカンマがありますので、in order to 以下はカンマ以前の全文、つまり “Google が決定した方針” を指しています。

本日は、意味をより明確にするためにカンマを区切りに2文に分けています。
Googleの検索結果において「+1」(プラスワン)ボタンの表示され、ユーザーが良いと思ったページや広告を「+1」ボタンで推薦することにより、Googleの検索結果を改良し、結果的にそのユーザーの友人に対して最良の検索結果を表示できるようにすることを目指しているそうです。
■編集後記

「石田さんには危害を加えるつもりはない。」とだけ右隣の男が言った。
車は六本木通り、溜池の交差点をつっきると、首相官邸の前で左折して、そのまま官邸に入っていく。

裏口のようなところで車は停まると、なんとそこには首相がテレビで見た青の防護服を着て立っているではないか。

「お待ちしておりました」と。

暗い応接室に通されて僕が依頼されたことは。。。

ある国の情報諜報組織とのメッセージのやりとりに僕のメルマガを使わせて欲しい、と。

安易な言葉に暗号化しているし、そんなに頻繁ではないので問題はないはずだ、対価としてこれだけの額を支払うとのこと。

すでに内閣府を振出人とした小切手まで用意してあった。

その数字たるや。。

ちょっと国家機密が関わるのでここにはこれ以上書けません。

(裏)編集後記にヒントだけ。
(裏)すいません、毎年4月1日恒例なんでお許しを!(笑)

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク