テニス BNPパリバ OP:大坂なおみが世界1位を破る

Naomi Osaka Beats World No.1 at BNP Paribas Open

20-year-old Naomi Osaka pulled off a 6-3, 6-0 victory over world’s No.1 Simona Halep, advancing to the final at the BNP Paribas Open.

■チェック

・beat   ~を破る、下す
・pull off a victory   勝利をつかむ
・advance to the final   決勝に進む

■対訳

「テニス BNPパリバ OP:大坂なおみが世界1位を破る」

20歳の大坂なおみが、世界ランク1位のシモナ・ハレプに6-3、6-0で勝利し、BNP パリバ・オープンで決勝進出を決めた。

■訳出のポイント

beat はもともと

人・物を続けざまに 「打つ」 「たたく」

という動詞。

英字新聞では、主にスポーツ記事で

人・チームなどが相手を 「打ち負かす」 「打ち破る」 → 「~に勝つ」

という意味で頻出動詞となっています。

今日のタイトルでも

beats world No.1 で

「世界(ランク)1位(の選手)を打ち破る」

ということです。

pull off は

衣服などを 「脱ぐ」、

道路の脇に 「車を止める」

など、色々な意味で使われる句動詞。

今日の場合は、

賞や勝利を 「勝ち取る」、競技に 「勝つ」

という用法です。

pull off a victory で

「勝利をつかむ」

という言い方になっています。

そこで、

pulled off a 6-3, 6-0 victory over world’s No.1 Simona Halep

の部分は

「世界ランク1位のシモナ・ハレプに対しての6-3、6-0の勝利をつかんだ」→

「世界ランク1位のシモナ・ハレプに6-3、6-0で勝利した」

ということです。

final は 「決勝」 「決勝戦」

advance to the final で

「決勝に進む」になります。

日本語の

「決勝に進出する」 「決勝進出を決める」

に当たる表現としておぼえておきましょう。

米カリフォルニア州で行われているテニスのBNP パリバ・オープンの女子シングルス準決勝で、世界ランク44位の大坂なおみが、世界1位で第1シードのシモナ・ハレプをストレートでくだしました。

大坂なおみは日本出身で米国育ちの20歳で、日本人とハイチ系米国人のハーフ。

2016年には全豪オープンで予選を突破し、グランドスラム初出場を果たしています。

今回の BNP パリバ・オープンでは、準決勝で世界1位を破る大金星となりました。

ツアー初優勝をかけ、世界19位のダリア・カサキナ(ロシア)との決勝戦にのぞみます。

■編集後記

大坂なおみ選手・・・国籍は日本ですが4歳から米国在住。もともとハーフですし、言葉も振る舞いも、完全に米国人ですね。。

(裏)タイガー、うーん、もうちょい!(アーノルドパーマー招待)

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク