血液をO型に変える酵素を発見

Enzymes to Turn Blood into Type-O Found

Canadian researchers discovered enzymes from human gut bacteria that can
transform any blood into type-O. Type-O blood can be transfused to anyone
without the risk of a mismatch reaction.

■チェック

・enzyme   酵素
・turn (=transform) A into B   A を B に変換する
・blood   血液
・type-O   【血液】O型
・human gut bacteria   ヒトの腸内細菌
・transfuse   輸血する
・mismatch reaction   不適合反応

■対訳

「血液をO型に変える酵素を発見」

カナダの研究チームが、人の腸内細菌から、あらゆる血液をO型に変えてしまう酵素を発見した。O型の血液は、不適合反応の危険なしで誰にでも輸血することができる。

■訳出のポイント

turn は

「回転する」 「曲がる」

といった意味で頻出の動詞。

今日の場合は、

「~を変化させる」 「~を(別のものに)変える」

という意味で登場しています。

turn A into B で

「A を B に変化させる」 「A を B に変える」

という言い方ですね。

そこで、

turn blood into type-O で

「血液をO型に変える」

ということです。

また、本文で使われている動詞 transform は

「~を変形させる」 「~を変質させる」 の意。

したがって、

transform any blood into type-O の部分も

「あらゆる(型の)血液をO型に変質させる」 →

「あらゆる血液をO型に変える」

というわけです。

gut は

主に腸・胃など 「消化器官」 を意味する名詞。

gut bacteria で 「腸内細菌」 を指します。

human gut bacteria で

「ヒトの腸内細菌」

ということですね。

enzymes (from human gut bacteria) that can transform any blood into type-O

の部分では、関係代名詞 that が受けているのは直前の human gut bacteria ではなく enzymes なので注意しましょう。

つまり、

「あらゆる血液をO型に変えることができる(腸内細菌由来の)酵素」

ということです。

したがって、本文第1文は直訳すると

「カナダの研究チームが、あらゆる血液をO型に変えることができる腸内細菌由来の酵素を発見した」→

「カナダの研究チームが、人の腸内細菌から、あらゆる血液をO型に変えてしまう酵素を発見した」

となっています。

transfuse の語源は

「容器から容器へ注ぐ」 という意味のラテン語 transfundere。

医学用語の 「輸血する」

という意味でよく使われる単語となっています。

血液型にはA型・B型・O型・AB型など複数の種類が存在しますね。

ケガや手術で輸血の必要がある場合、患者の血液型に適した血液を使用しなければ不適合反応が起こり、最悪の場合は死に至ることも。。。

しかし、血液の仕組みから、O型の血液であれば、そういったリスクを冒さずに誰にでも輸血できることは、広く知られているかと思います。

カナダ、ブリティッシュコロンビア大学の研究チームは、A型あるいはB型の血液をO型に変換する酵素を探してきましたが、今回ヒトの腸内細菌からそういった酵素を発見したといいます。

ただ、この酵素はABO型の変換には有効ですが、Rh 型には対応しないなど、実用までにはまだまだ問題もあるようです。

■編集後記

うーん、この酵素を使って実際にO型に変換する人が出てくるのでしょうか?血液型によって性格が変わるといいますが、例えばB型の人がO型になったら、O型的な性格になるのでしょうか。純粋に興味あるところです。

(裏)1週間にわたる大阪出張を終え、東京に帰る新幹線の中で書いています。

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク