米テキサス州銃乱射て゛5人死亡、21人負傷

Texas Random Shooting Kills 5, Injures 21

A gunman shot randomly at people while driving in the US sate of Texas, killing 5 people and injuring at least 21 before being shot dead by police.

■チェック

・random shooting    銃の乱射
・shoot randomly   無差別に銃を撃つ
・US state of Texas   米国のテキサス州
・be shot dead   銃殺される

■対訳

「米テキサス州銃乱射て゛5人死亡、21人負傷」

米テキサス州で男が乗用車を運転しながらが銃を乱射し、5人が死亡、少なくとも21人が負傷した。男はその後、警察によって射殺された。

■訳出のポイント

randam は

「無差別の」 「無目的の」 「でたらめの」

という形容詞。

random shooting で

「無差別の発砲 」「銃の乱射」

という表現になっています。

また、randomly は副詞形で

「無差別に」 「でたらめに」 「手当たりしだいに」

の意ですね。

そこで、

shot randomly at people の部分は

「人々に向かって無差別に銃を撃った」 →

「(人々に向けて)銃を乱射した」

ということです。

while は

「~する間に」 → 「~すると同時に」 「~しながら」

という接続詞。

while driving で

「車を運転しながら」

というわけですね。

shoot(人)dead は

「(人)を銃で撃って殺す」 → 「(人)を射殺する」

という言い方。

今日の場合は

be shot dead 「射殺される」 と

受動態で使われています。

本文末尾の

before being shot dead by police の部分は

「警察によって射殺される前に」

なので、本文全体としては

「米テキサス州で銃を持った男が、警察によって射殺される前に、乗用車を運転しながらが乱射し、5人が死亡、少なくとも21人が負傷した」 →

「米テキサス州で男が乗用車を運転しながらが銃を乱射し、5人が死亡、少なくとも21人が負傷した。男はその後、警察によって射殺された」

となっています。

またしての米国で起きた銃乱射事件。

31日午後、男は米テキサス州西部の幹線道路を乗用車で移動しながら、周囲の乗用車の運転席付近を狙って無差別に発砲を続けたといいます。

駆けつけた地元警察と銃撃戦になり、男は付近の映画館の駐車場で射殺されました。

米国では8月3日、4日に、テキサス州エルパソとオハイオ州デイトンで銃乱射事件が連続発生し、計30人以上が死亡したばかりです。

■編集後記

9月に突入・・・学校の夏休み終わり、巷も日常に戻る感がありますね。そんな中、米ではまたしても銃乱射事件、仏では難民による刃物襲撃事件・・・色々あるけれど、日本はまだまだ平穏だなあと思います。それにしても銃乱射事件は米国ではもう日常の一コマのようになっていますね・・・恐ろしい話です。

(裏)今日は鰻(うなぎ)を食べに行ってきます。

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク