グレタ・トゥンベリさん、タイム誌『今年の人』に

Greta Thunberg Named Time’s Person of the Year for 2019

Greta Thunberg, the 16-year-old Swidish environmental activist who inspired a global movement to fight climate change, has been named Time magazine’s Person of the Year for 2019.

■チェック

・be named    ~に選ばれる
・Time (magazine’s) Person of the Year   タイム誌の『今年の人』
・environmental activist   環境活動家
・inspire a global movement   世界的な動きを引き起こす
・fight climate change   気候変動と闘う

■対訳

「グレタ・トゥンベリさん、タイム誌『今年の人』に」

気候変動と闘おうという世界的な動き引き起こした16歳のスェーデン人環境活動家グレタ・トゥンベリさんが2019年のタイム誌 『今年の人』 に選ばれた。

■訳出のポイント

「名前」 を意味する名詞としておなじみの name 。

英字新聞では動詞として登場する場合も多いので、注意しましょう。

動詞 name はもともとは

「~に名前をつける」

の意ですが、

「~の名前をあげる」 → 「~に指名する」 「~に選ぶ」

という意味合いでも使われます。

とくに、受動態の

be named ~

「~に指名される」 「~に選ばれる」

という言い方になります。

これは、アカデミー賞やノーベル賞などを ”受賞する” という文脈でも多用されるので、しっかり押さえておきたいですね。

inspire は元来

人などを 「鼓舞する」 「奮起させる」 「うながす」

という動詞。

ここから、

「~を引き起こす」 「~を生じさせる」 「~をもたらす」

という意味になっています。

今日の場合は

inspired a global movement で

「世界的な動きを引き起こした」

となっています。

さらに、

inspired a global movement to fight climate change

なので、

「気候変動と闘う世界的な動きを引き起こした」

というわけです。

米タイム誌は、1927年から毎年年末に、その年を代表する人物として

the Person of the Year 「今年の人」

を選出しています。

そして、2019年の “顔” には、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんが選ばれた、というニュースです。

グレタさんは地球温暖化防止を求めて1人で 「学校ストライキ」 を始め、世界的な若者の運動の中心に。

今年9月にNYの国連本部で開かれた 「気候行動サミット」 で演説し一躍時の人となりました。

また、16歳のグレタさんは、「今年の人」 としては史上最年少ということです。

■編集後記

今年の漢字は「令」だそうですね。ニュースを見てたら最初「命」に見えました。

ところで来年は東京オリンピック。わんさか外国人が日本を訪れます。英会話を学んでいる人にはすごいチャンスです。道に迷ってる人、飲食店で英語メニューがなくて困っている人・・なんらかのトラブルに巻き込まれている人・・・・

このチャンスを確実につかまえて英会話の達人になりましょう。そのためにこの「嘘みたいにペラペラになれる英会話学習法」をチェックしてくださいね。
https://ajtsa.com/t/hsle2.html

(裏)今日は寒い!夜は唐揚げか!笑

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク