マレーシア、大量プラスチックゴミを富裕国に返送

Malaysia Has Returned Tons of Plastic Waste to Rich countries

Malaysia said it has sent back 150 shipping containers of plastic waste to 13 rich countries, insisting it won’t be the “garbage dump” of the world.

■チェック

・return (send back)  ~を送り返す
・(tons of) plastic waste  (大量の)プラスチックごみ
・rich country   富裕国
・shipping container    輸送コンテナ
・insist    (~だと)主張する、断言する
・garbage dump   ごみ捨て場

■対訳

「マレーシア、大量プラスチックゴミを富裕国に返送」

マレーシアが、輸送コンテナ150個分のプラスチックゴミを、富裕国13カ国に送り返したことを発表し、同国は世界の『ごみ捨て場』にはならないと主張した。

■訳出のポイント

waste はもともと

「浪費する」 「消耗する」 「むだにする」

という動詞。

ここから、

「浪費」 「むだ使い」、

あるいは

「廃棄物」 「くず」 「ごみ」

といった意味の名詞にもなっています。

今日の場合は

plastic waste で

「プラスチックごみ」

ということです。

tons of ~ は

直訳すると「何トンもの~」。

「たくさんの~」 「大量の~」

の意味でしばしば登場する表現となっています。

そこで、タイトルでは

tons of plastic waste で

「大量のプラスチックごみ」

となっていますね。

container は

「入れ物」 「容器」 「箱」。

shipping container で

「輸送用コンテナ」です。

dump は

車、容器などを 「からにする」、中身を 「放出する」

という動詞で、

ゴミなどを 「捨てる」 「処分する」

という意味合いでも頻出。

そして、

「(ごみを)捨てる場所」 あるいは 「捨てること」

という名詞としてもよく使われます。

ここでは、

garbage dump で

「ごみ捨て場」 「ごみ集積場」

を指す言い方になっています。

マレーシアのヨー・ビーイン環境相が20日、同国に不法輸入されたプラスチックごみについて、昨年9月~今年1月までのコンテナ150個分(3737トン)を仏、英、米、カナダ、日本など13カ国に送り返したと発表。

プラスチックごみをめぐっては、世界最大の輸出先だった中国が環境保護対策の一環として2018年1月に輸入禁止に踏み切ったことで、仲介業者が新しい行き先を求める中で、マレーシアなどの国に違法なプラスチックごみが大量に押し寄せるようになったといいます。

マレーシアは、「世界のゴミ捨て場」 にはならないと宣言し、今後も不法輸入されたプラスチックごみに同様の対応をする、としています。

■編集後記

今後、脱プラスチックは進んでいくのでしょうね。すでにレジ袋を有料にしたり、ストローを廃止、あるいはカップを紙製にするなどの動きはありますが、まだまだ僕らの生活はプラスチックとは切っても切り離せないものがありますよね・・石油を原料とするプラスチックは年間3億トン生産されており、石油産出量の8%を占めるそうです。

(裏)今日も雨。今年の冬は湿気が多いようです。でも我が家の加湿器はフル稼働です。

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク