日銀短観、7年ぶりのマイナス景況感を指摘

Bank of Japan’s Tankan Shows Plunged Business Confidence due to Pandemic

According to the Bank of Japan’s Tankan, the business confidence sharply plunged due to the novel coronavirus pandemic for the first time in seven years.

■チェック

・Bank of Japan’s Tankan 日銀短観
・Business Confidence 景況感
・for the first time in seven years 7年振りで

■対訳

「日銀短観、7年ぶりのマイナス景況感を指摘」

日銀短観によると、新型コロナウイルス・パンデミックの影響により、企業の景況感が7年ぶりに急速に悪化に転じる。

■訳出のポイント

日銀短観という言葉はよく耳にしますが、

正式には「全国企業短期経済観測調査 (The Bank of Japan’s quarterly Short-term Economic Survey of Principal Enterprise in Japan)」と言います。

日本銀行は、3、6、9、12月の年4回、景気などについて企業にアンケート調査を行っています。

この調査の結果およびその分析結果に基づいて、日本経済の状況を測っています。

正式名のquarterlyが示すように、4半期に1回の調査結果に基づくということで、「短観」という用語が使用されているわけです。

通常は、The Bank of Japan’s Tankanと、日本語がそのまま英語で表現されています。

景況感を表す英語には、business confidenceの他にも、business sentimentやmarket sentimentなどがあります。

ここでは、「急速に悪化」の英語に、sharply plungedが使用されています。

「悪化」には、fallやdeteriorateなどの動詞も使えます。

景況感はアンケート調査の結果に基づく指標によって示され、上昇/下降は、マイナス/プラス・ポイントなどで表されます。
(例えば、minus 8 points、plus 2 pointsなど。)

宿泊、飲食、遊園地やゴルフ場などのサービス業が、新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受け、今回の短観で大幅な悪化を示す結果となりました。

「~振りに」は、for the first time in ~(days, weeks, months, years)のように表すことができます。

■編集後記

米国では失業手当の申請数がリーマンショックの時を越えているそうです。日本も感染を抑えないと同じようなことになるかと思います。

(裏)今日は勉強会と飲み会。といっても1次会で終わりにします。

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク