北朝鮮が開城市を閉鎖、新型コロナ感染疑いで

N. Korea Puts Kaesong under Lockdown over Suspected Coronavirus Case

North Korea placed the city of Kaesong near the border with the South under complete lockdown after its first suspected Covid-19 case in the country, the Korean Central News Agency reported on Sunday.

■チェック

・put (=place) ~ under (complete) lockdown
~を(完全な)閉鎖状態にする
・Kaesong    【北朝鮮】開城(ケソン)
・suspected coronavirus (=Covid-19) case
新型コロナウイルス感染の疑い
・border    境界

・Korean central News Agency  【北朝鮮】朝鮮中央通信社

■対訳

「北朝鮮が開城市を閉鎖、新型コロナ感染疑いで」

北朝鮮は、同国初の新型コロナウイルス感染が疑われるとして、韓国との境界線に近い開城市を完全封鎖した。朝鮮中央通信が日曜日に伝えた。

■訳出のポイント

新型コロナ感染流行が始まって以来、

lockdown 「ロックダウン」

という言葉が日本語にも浸透していますね。

暴動や感染病発生の際に、安全のために人々を建物内や特定の場所に閉じこめておくこと、また、外部からそこに入ることを禁じることを意味します。

日本語では 「閉鎖」 「都市閉鎖」

とも訳されます。

そこで、

put ~ under lockdown

あるいは

place ~ under lockdown は

「~をロックダウン(閉鎖)の下に置く」 →

「~を閉鎖状態にする」 「~を閉鎖する」

という言い方になっています。

また、本文では

complete 「完全な」

という形容詞が加わった

place ~ under complete lockdown で

「~を完全な封鎖状態にする」 → 「~を完全封鎖する」

という形で使われているわけです。

suspected は

「疑わしい」「怪しい」

という形容詞。

タイトルの

suspected coronavirus case は

「疑わしい新型コロナウイルス感染者」 →

「新型コロナウイルス感染が疑われる人」

という意味ですね。

そして、本文では

its first suspected Covid-19 case in the country

なので、

「その国(=北朝鮮)における最初の新型コロナウイルス感染が疑われる人」

ということです。

border はもともと

地域、平面などの 「へり」 「縁」 「端」

を意味する名詞。

ここから、

国、州、地方などの 「境界(線)」

を指す単語として広く使われていますね。

したがって

near the border with the South

の部分は

「韓国との境界線に近い」

ということです。

ちなみに

the South は

South Korea 「韓国」

を略した言い方となっています。

北朝鮮国営メディアの朝鮮中央通信によると、韓国に脱北後に南北境界線に近い開城に違法に戻ってきた人物が新型コロナウイルスに感染したようです。

これを受けて、金正恩氏は開城市を24日午後に完全封鎖したというニュースでした。

北朝鮮は、これまで国内で新型コロナウイルスの感染者は1人もおらず、安定した防疫態勢を維持できていると主張してきました。

その一方で、新型コロナ対策として、約半年にわたって中国やロシアとの航空便や列車を停止するなど、人や物資の移動を制限していることから、国内経済への打撃が伝えられています。

国内での新型コロナ感染発生となると、さらに大きな影響が出てくることは必至でしょう。

■編集後記

先週末は草津の別荘で過ごしました。湯畑近くはものすごい人でした。雨なのに・・・ただあれだけの観光客がGOTOで来てますが、自家用車で来てた人は少なかったようです。行きも帰りも関越道ガラガラでしたから・・・若い人が多いからかなー・・・

あと湯畑の焼き鳥「静」、ものすごい行列。マスコミの力はすごいですね。こちらも注目!!成功事例が続々と報告されています。
https://ajtsa.com/us/t/code/mj2.html

(裏)関東地方の梅雨明けは8月にずれこむ!?今週の週間天気が見事に変わりましたね・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク