毎日1分!英字新聞YouTubeチャンネルがスタートしました。今日の配信記事をその日にネイティブ音声で公開します。

音声の読み上げスピードはNormal, 120%, 150%と3段階。(150%は早口の世界)

これを繰り返し聞けば、1年後にはリスニング力が大幅に向上していることでしょう。今すぐ登録して毎日、リスニングの学習にご活用ください。では!

https://www.youtube.com/channel/UCnAS9WqXFfsUjahainO4Smg

毎日1分!英字新聞 石田

ペットボトル船、太平洋横断に成功

Plastic Bottle Boat Completes Trans-Pacific Voyage

A boat made from 12,500 plastic bottles sailed into Sydney Harbor on Monday, completing its 130-day, 14,800 km voyage from San Francisco.

■チェック

・plastic bottle  ペットボトル
・trans-Pacific  太平洋横断
・voyage  船旅、航海

■対訳

「ペットボトル船、太平洋横断に成功」

1万2500本のペットボトルから作られたボートが、サンフランシスコ出発後、130日間に渡る1万4800キロの航海を終え、月曜日にシドニー港に入港した。

■訳出のポイント

日本語では 「ペットボトル」 という言葉がすっかり定着していますが、英語では plastic bottle といいます。

よって、a boat made from 12,500 plastic bottles は 「1万2500本のペットボトルから作られたボート」 ということです。

trans- は 「~を越えて」 「~を横切って」 という意の接頭辞。

Pacific は 「太平洋」 ですから、trans-Pacific で 「太平洋横断」ということです。

voyage は通常は長い 「船旅」 「航海」 を意味する名詞です。

陸の旅のときには journey が使われることもあわせて確認しておきましょう。

sail は 「航海する」 という動詞で、sail in ~ で 「~に入港する」という言い方になります。

このペットボトル船による太平洋横断航海は、aimed at raising awareness about the dangers of plastic waste to the environment 「プラスティック廃棄物が環境に与える危険性についての意識向上を目的とした」 もの。

全長18メートル6人乗りのペットボトル船は、英金融財閥ロスチャイルド家の御曹司で環境活動家のデイビッド・デ・ロスチャイルド氏が製作した双胴船で、航海にあたっては、氏自らが船長を務めました。

船内電力には風力や太陽光発電を利用し、小型の菜園を装備して野菜を栽培するなど、徹底的に環境に配慮したリサイクル船で太平洋横断を果たし、プラスティック製品ゴミによる海洋汚染問題を訴えかけました。

■編集後記

世界の金融システムは為替も国営銀行もすべて、ロスチャイルド家がつくったと言われています。
つまり環境を破壊し続けたこの資本主義社会の根源にロスチャイルド家は深くかかわっているのです。
でその末裔が環境問題活動家になって、ペットボトル船をつくって太平洋横断。。
以下のURLで船を見ることができます。
http://bit.ly/9vA9AN

あ、最近自宅で使うシャンプーがかなり気持ちイイです。
コレ ⇒ http://aca.bex.jp/trans/t/john_mag.html

カミサンがよく行く美容院で使っているNY発のシャンプーとのこと。
★石田のツイート→ http://twitter.com/academiaj 100%フォロー返します
(アフィリのみ、過去ツイート0はNGです)

(裏)昨日、大阪市内の高速を走ってたら、事故3件、見物渋滞。。

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

この記事も読まれています



スポンサーリンク