大坂なおみ、全米 OP 2度目の優勝

Naomi Osaka Wins 2nd U.S. Open Title

Former world No.1 Naomi Osaka captured her second U.S. Open and third Grand Slam title, defeating Azarenka Victoria 1-6 6-3 6-3.

■チェック

・win (=capture) one’s _th title    _度目の優勝を果たす
・Grand Slam   【テニス】グランドスラム、4大大会
・defeat    ~を負かす、破る

■対訳

「大坂なおみ、全米 OP 2度目の優勝」

元世界ランク1位の大坂なおみが、ビクトリア・アザレンカを1-6、6-3、6-3で破り、2度目の全米オープン優勝、グランドスラムとしては通算3勝目を飾った。

■訳出のポイント

title はもともと

本、絵、音楽などの 「タイトル」 「題」 「表題」 「題名」

を意味する、

「称号」 「敬称」 「肩書」

という意でもしばしば使われますね。

今日の場合は、

競技において最高位を決める試合に優勝した選手・団体に与えられる資格である

「選手権」 「タイトル」

を指しています。

つまり、

win one’s _th title で

「_度目の選手権(=タイトル)を獲得する」 →

「_度目の優勝を果たす(飾る)」

という言い方になっています。

win (her) second U.S. Open title で

「2度目の全米オープン優勝を果たす」 →

「全米オープンで2度目の優勝を飾る」

というわけですね。

また、本文では

win の代わりに

「~を捕らえる」 → 「~を獲得する」

という動詞 capture が用いられています。

captured her second U.S. Open (title) and third Grand Slam title

のように (titel) を補って考えましょう。

すなわち

「全米オープンで2度目の優勝、グランドスラムで3度目の優勝を飾った」 →

「2度目の全米オープン優勝、グランドスラムとしては通算3勝目を飾った」

ということです。

defeat の語源は

「遠ざけてしまう」 という意味の中世ラテン語 disfacere。

ここから、

敵、相手などを 「遠ざけてしまう」 → 「破る」 「負かす」

という動詞になっています。

英字新聞ではスポーツ記事で頻出単語なので、しっかり確認しておいてください。

よって、本文末尾の defeating 以下は

「ビクトリア・アザレンカを1-6、6-3、6-3で破って」

ということですね。

ニューヨークで開催中のテニス全米オープン。

女子シングルス決勝で、世界10位の大坂なおみが同27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を破り、2年ぶり2度目の優勝を果たしました。

4大大会では2019年全豪オープン以来で3度目の優勝。

これで、14日発表予定の最新世界ランキングでは3位に復帰となります。

■編集後記

嬉しい全米オープン2度目の優勝となりました。今大会では、これまでなら崩れていただろう場面で何度も踏みとどまり、フィジカルのみならずメンタル面での成熟ぶりが感じられました。観ていてこちらにも安心感がありました。

※石田が講師で出てます。コロナで新しい収入源を探している方はみてくださいね。YouTube(顔出しなし)とAmazonKindleと無料ブログで稼ぐ、日本人の99%が知らない手法
https://ajtsa.com/t/glde1.html

(裏)毎朝、夏以降一番涼しい!を感じています!スポーツの秋!

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク