ブリティッシュ・エアウェイズ、デジタル版 『健康パスポート』 導入へ

British Airways to Launch Digital ‘Health Passport’

British Airways is planning to launch an app-based digital vaccine passport in time for the scheduled resumption of international travel on May 17.

■チェック

・British Airways ブリティッシュ・エアウェイズ
・launch ~を開始する → ~を導入する
・app-based アプリベースの
・in time for ~に間に合うように
・scheduled 予定されている~
・resumption 再開

■対訳

「ブリティッシュ・エアウェイズ、デジタル版 『健康パスポート』 導入へ」

ブリティッシュ・エアウェイズは、5月17日に予定されている海外旅行の再開に間に合うように、アプリベースのデジタル版ワクチンパスポートの導入を計画している。

■訳出のポイント

British Airways (=BA) は

その名の通りイギリスの航空会社。

日本では 「英国航空」 と呼ばれることもありますが、

正式名称は 「ブリティッシュ・エアウェイズ」 です。

digital health passport

「デジタル版健康パスポート」

および

digital vaccine passport

「デジタル版ワクチンパスポート」 は

いずれも、アプリまたはオンラインで発行される証明書で、
旅行者の新型コロナウイルス検査の結果やワクチン接種記録が
記載されるものです。

今日の場合は

app-based 「アプリベースの」

と説明されていますね。

つまり、旅行者が自分のスマートフォンにアプリをダウンロードし、そのアプリの案内に従って必要な証明書類などを取得し、これが承認されあれば搭乗許可を示す証明書あるいはQRコードなどが送られてくる仕組みのようです。

resumption は

「~を再開する」 「~を復旧する」

という動詞 resume から派生した名詞で

「回復」 「復興」 「再開」 の意。

resumption of international travel だと

「海外旅行の再開」 です。

そして

scheduled ~ は

「予定されている~」 「計画されている~」 で、

the scheduled resumption of international travel on May 17

の部分は

「5月17日に予定されている海外旅行の再開」

になります。

さらには

in time for ~ が

「~に間に合うように」 「~に遅れずに」

という言い方なので、

本文後半の in time for 以下は

「5月17日に予定されている海外旅行の再開に間に合うように」

というわけです。

デジタル版の健康パスポートあるいはワクチンパスポート導入が各地で始まっていますね。

航空会社各社や各国政府もこれらを活用する方向に動いています。

しかし、現状では検査やワクチンの規定がバラバラである上に、異なるパスポートが色々出回るようになってくると、混乱を招くことも懸念されます。

BA の親会社 IAG の CEO は

「海外渡航のための国際基準が必要になる」

と語っています。

■編集後記

東京五輪が本当に開催されるとしたら、ワクチンパスポートあるいは健康パスポートに類するものが導入されることでしょう。海外渡航、イベント参加などにこういった ID が求められる時代になってしまうかもしれませんね。英国ではパブへの出入りの際にも・・・という話も出ているようです。

弊社スタッフ2名によるアフィリエイト無料講座
https://www.ijkpz.xyz/t/bs1e.html

(裏)朝、上野公園ジョギング。ソメイヨシノはまだほぼつぼみ。コマツオトメと陽光桜がきれいでした。

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク