北朝鮮、また2発の短距離弾道ミサイル発射

North Korea Fires Two Short-range Ballistic Missiles Again

North Korea fired two short-range ballistic missiles off its east coast early Wednesday, the second such launch in a week.

■チェック

・fire    ~を発射する
・short-range ballistic missile   短距離弾道ミサイル
・launch   【名詞】発射

■対訳

「北朝鮮、また2発の短距離弾道ミサイル発射」

水曜日早朝に、北朝鮮が同国東海岸沖に2発の短距離弾道ミサイルを発射した。北によるミサイル発射はこの1週間で2度目である。

■訳出のポイント

動詞 fire は

銃弾やミサイルなどを 「発射する」。

short-range は

「短距離の」 「射程が短い」

という形容詞ですね。

middle-range あるいは medium-range 「中距離の」、

および

long-range 「長距離の」

とともに、確認しておきましょう。

ballistic missile が

「弾道ミサイル」 なので、

short-range ballistic missile で

「短距離弾道ミサイル」

となっています。

early は

「早く」 「早期に」

という副詞。

early Wednesday だと

「水曜日早くに」 → 「水曜日の早朝に」

ということです。

launch は

ロケットやミサイルなどを 「発射する」

という動詞として頻出ですが、同時に

「発射」

という名詞としても用いられます。

そこで、本文末尾の

the second such launch in a week

の部分は、直訳すると

「1週間で2度目のそのような発射」。

つまり、

「それは、この1週間で2度目の(北朝鮮によるミサイルの)発射である」 →

「北によるミサイル発射はこの1週間で2度目である」

というわけですね。

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮が31日午前5時過ぎに東部の元山付近から2発の短距離弾道ミサイルを発射。

日本の防衛庁も、北朝鮮による飛翔体の発射を確認し、

「我が国の領域や排他的経済水域(EEZ)への飛来は確認されておらず、現時点で我が国の安全保障にただちに影響を与えるような事態は確認されていない」

と発表しています。

北朝鮮は25日も新型とみられる短距離弾道ミサイルを発射。

弾道ミサイルの発射は、国連安全保障理事会の決議違反にあたります。

しかし、トランプ米大統領は25日のミサイルについて

「彼らは核実験はしていないし、小さいミサイルしか発射していない」

と問題視しない姿勢を示していました。

今後、米政権は北朝鮮による弾道ミサイル発射を容認する立場をかためるのでしょうか?

■編集後記

今日から8月1日です。六本木周辺は夏休みで六本木ヒルズでのイベントに来るお子さんの姿を日中でも多くみかけるようになりました。その六本木、朝は灼熱の太陽がギラギラしていましたがお昼過ぎにかなり大粒の雨がサーっとシャワーのように降りましたね。すぐにあがりましたが。。

(裏)ジョギングの時、汗はあまり拭かないほうが良いことに気づきました!

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク