全豪オープン:コリ・ガウフがまたもヴィーナス・ウィリアムズ撃破

Australian Open: Coco Gauff Beats Venus Williams Again

15-year-old Coco Gauff defeated seven-time grand slam champion Venus Williams 7-6 6-3 in the first round of the Australian Open, replicating her grand slam debut at Wimbledon last year.

■チェック

・beat (=defeat)   ~を倒す、負かす
・first round    1回戦
・grand slam champion   グランドスラム(四大大会)優勝者
・replicate     ~を再現する

■対訳

「全豪オープン:コリ・ガウフがまたもヴィーナス・ウィリアムズ撃破」

全豪オープンテニスの1回戦で、15歳のコリ・ガウフが四大大会優勝7回のヴィーナス・ウィリアムズを7-6、6-3で破り、昨年のウィンブルドンでのグランドスラム・デビュー戦の再現となった。

■訳出のポイント

Coco は

女子テニス界の新星 Cori Gauff 「コリ・ガウフ」 の愛称。

英語圏の報道では

Cori Gauff ではなく Coco Gauff,

あるいは

Cori “Coco” Gauff

が使われています。

しかし、日本では本名の 「コリ・ガウフ」 で通っているので今日の対訳でもこちらで統一しています。

grand slam は

テニスでは、四大大会(全豪、全仏、全英=ウィンブルドン、全米オープン)を指します。

grand slam champion だと

「四大大会のチャンピオン」 「四大大会優勝者(優勝経験者)」

の意味になります。

そこで、

seven-time grand slam champion Venus Williams

の部分は

「7回の四大大会優勝経験者であるヴィーナス・ウィリアムズ」

「四大大会優勝7回のヴィーナス・ウィリアムズ」

ということですね。

replicate はもともと

「~を折り返す」

という動詞。

ここから、

「~を再生する」 「~を再現する」

あるいは

「~を複製する」

という意味でも使われます。

ここでは、

replicating her grand slam debut at Wimbledon last year

なので、

「彼女(ガウフ)の昨年のウィンブルドンでのグランドスラム・デビューを再現した」 →

「昨年のウィンブルドンでのグランドスラム・デビュー戦の再現となった」

というわけです。

コリ・ガウフは15歳で、現在世界ランキング67位と急成長中の米国選手。

2019年のウィンブルドン選手権でも四大大会優勝7回のベテランで同55位のヴィーナス・ウィリアムズを初戦で撃破し、世界のテニスファンに衝撃を与えました。

今回の全豪オープンでも、何と全く同じ組み合わせの初戦対戦となり、同じようにガウフの勝利となりました。

“ウィンブルドンでのデビュー戦の再現”

と称しているわけです。

15歳のガウフと39歳のウィリアムズはそれぞれ出場選手中最年少と最年長・・・

女子テニス界での世代交代を感じるニュースですね。

■編集後記

15歳でプロ・アスリートとして世界で活躍はすごいですね。大坂なおみ選手も順当に初戦突破。今大会では久しぶりに日本選手の活躍を期待したいところ。。。

毎日1分!英字新聞の管理人(私)は英語の先生でも研究者でもありません。でもその私がどうして英語の本を12冊も出し、10万部を越える英語メルマガ、LINEを運営して収益をあげているのか?すべての秘密を暴露しています。
https://ajtsa.com/t/r2e2.html

(裏)今朝、朝ラン、気温3度。寒いが風がなかったのが幸い・・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク