英国、新型コロナ感染者を検知する犬の訓練が進む

Dogs Undergo Training to Detect  Coronavirus Cases in UK

The British government has allocated 500,000 pounds for research to train dogs to sniff out the coronavirus before symptoms appear in humans.

■チェック

・undergo training   訓練を受ける
・detect    ~を検知する
・allocate _ for    ~に_を割り当てる
・funding     財源
・sniff out    嗅ぎ分ける
・symptoms    症状

■対訳

「英国、新型コロナ感染者を検知する犬の訓練が進む」

英国政府が、新型コロナウイルスの症状が現れる前に感染者のにおいを嗅ぎ分けるよう犬を訓練するための研究に、50万ポンド(約6500万円)の予算を計上した。

■訳出のポイント

undergo は

変化などを 「経る」 「経験する」

という動詞。

undergo training で

「訓練を経験する」 → 「訓練を受ける」

という言い方になっています。

detect は

「見つける」 「見抜く」 「発見する」

という動詞で、

科学的に 「検出する」 「検知する」

の意味でも頻出です。

そこで、タイトルの

detect coronavirus cases は

「新型コロナウイルスの感染者らを検知する」

ということですね。

allocate は

「〜を割り当てる」「〜を計上する」「〜を割り振る」

という動詞です。

allocate A for B で

「A を B に割り当てる」「A を B に計上する」

という言い方になっています。

今日の場合は

allocate 500,000 pounds for research で

「研究に50万ポンドを割り当てた」 →

「研究に50万ポンド(の予算を)計上した」

となっています。

そして、続く to train dogs … 以下は、
その研究の内容を具体的に説明しているわけですね。

すなわち、

to train dogs tosniff out the coronavirus before symptoms appear in humans

「人間において症状が現れる前に新型コロナウイルスを嗅ぎ分けるよう、犬を訓練する(ための研究)」 →

「新型コロナウイルスの症状が現れる前に感染者のにおいを嗅ぎ分けるよう、犬を訓練する(ための研究)」

となっています。

英国で新型コロナウイルスの症状が出現する前に、感染者をにおいで検知する 「コロナ探知犬」の訓練が始まったという話題です。

英政府は、ロンドンにある大学の研究チームが、6匹の犬に対し、新型コロナに感染した人としていない人のにおいを嗅ぎ分ける訓練を、少なくとも6~8週間に渡って行う、と発表しました。

ちなみに、訓練に参加する犬はラブラドルレトリバーとコッカースパニエルの雑種犬だそうです。

うまくいけば、1時間に最大250人のにおいを嗅ぎ分けることが可能になるということで、麻薬探知犬のように空港などでの活躍が見込まれます。

英政府はこの研究のために、50万ポンド=約6500万円の予算を投入。

かなりの期待を寄せているようです。

■編集後記

以前、知人がヨーロッパを電車で移動していたとき、電車内で麻薬探知犬に吠えられたという。当然彼は麻薬など持ってるわけはなく、荷物検査をされたところ、日本の「仁丹のど飴」に反応したようです。いずれにせよ、コロナ探知犬が活躍しなくても良いような世界になってほしいです。

このLINE英会話(無料)を続けると3ヶ月で字幕無しで洋画が見られるようになったと評判。
https://www.msam3.net/t/yoloe.html

(裏)昨日はいい天気でしたが今週は一転して雨か曇りですね。。車の洗車は来週にお預け・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク