毎日1分!英字新聞YouTubeチャンネルがスタートしました。今日の配信記事をその日にネイティブ音声で公開します。

音声の読み上げスピードはNormal, 120%, 150%と3段階。(150%は早口の世界)

これを繰り返し聞けば、1年後にはリスニング力が大幅に向上していることでしょう。今すぐ登録して毎日、リスニングの学習にご活用ください。では!

https://www.youtube.com/channel/UCnAS9WqXFfsUjahainO4Smg

毎日1分!英字新聞 石田

米 CDC、謎の子ども肝炎109例を調査

CDC Investigates 109 Case of Mysterious Hepatitis in Children

The US Centers for Disease Control and Prevention is investigating 109 cases of severe and unexplained acute hepatitis in children in the past seven months, including five deaths.

■チェック

・CDC (Centers for Disease Control and Preventions)
【米】疾病対策予防センター
・mysterious 謎の
・(acute) hepatitis (急性)肝炎
・severe and unexplained 重篤で原因不明の
・investigate 調査する

■対訳

「米 CDC、謎の子ども肝炎109例を調査」

米疾病対策予防センターが、過去7ヶ月に原因不明で重篤な急性肝炎を発症した子どもの症例109人について、調査している。そのうち5人は死亡したという。

■訳出のポイント

CDC は

Centers for Disease Control and Prevention の略。

直訳すると

「疾病の管理および予防のためのセンター」。

米国の保健福祉省のもとで感染症対策を行う総合研究所です。

公式の日本語名称はないので、

「米疾病対策予防センター」 「疾患予防管理センター」

「疾患対策予防センター」 「防疫センター」 など

様々な呼び方をされています。

コロナ禍もあって、その存在はよく知られるようになってきました。

略称の CDC の方が浸透しているかもしれませんね。

mysterious は

「不可解な」 「不思議な」 「謎の」

という形容詞。

今日のタイトルでは

mysterious hepatitis in children

「子どもたちにおける謎の肝炎」 →

「子どもたちの間で発症した謎の肝炎」 → 「謎の子ども肝炎」

ということです。

また、本文で登場している

unexplained は

原因、理由などが 「説明されていない」 「説明のつかない」 →

「解明されていない」

という形容詞。

日本語の

「原因不明の」 「正体不明の」

に当たる語として、しばしば用いられます。

したがって

109 cases of severe and unexplained acute hepatitis in children in the past seven months

の部分は

「過去7ヶ月における子どもの重篤で原因不明の急性肝炎109症例」 →

「過去7ヶ月に原因不明で重篤な急性肝炎を発症した子どもの症例109人」

となっています。

in the past _ months は

「過去_ヶ月に(で)」

という言い方。

months のかわりに hours、days、years などを用いて

「過去_時間に」

「過去_日間に」

「過去_年に」

という具合に応用できるといいですね。

本文末尾の

including five deaths は

「(109症例には)5人の死亡が含まれている」の意。

対訳では、この部分を独立させて

「そのうち5人は死亡した」

としています。

欧米などで幼い子どもを中心に報告が相次いでいる原因不明の急性肝炎。

アメリカの CDC は6日、こういった肝炎と思われる子どもの患者が過去7ヶ月で109人見つかったと発表しました。

このうち90%以上が入院し、14%が肝臓移植を受けたほか、5人は死亡したということです。

WHO 「世界保健機関」 によると、5月12日現在で10歳以下の子どもを中心に世界20ヶ国で原因不明の急性肝炎が約300例報告されています。

“原因不明” というのは、A型からE型まで5種類ある肝炎ウイルスや、最近、毒物、薬物など、通常原因と考えられるものが全く検出されていないことを意味するようです。

今のところ、唯一関与の可能性が指摘されているのが、通常は感染するとのどの痛みや下痢などを引き起こす “アデノウイルス”。

WHO および CDC の報告では、症例の過半数以上でアデノウイルス感染が確認されています。

しかし、健康な子どもがアデノウイルスに感染し、肝炎の発症する症例はこれまでないということで、さらなる調査結果が待たれます。

■編集後記

国内でも5月6日時点で16歳以下のこども、7名の症例が報告されています。コロナ禍でこどもにワクチン接種が進んでいたこととの関連性が一部、SNSではささやかられています。早く原因が究明されることを!

今日の動画
https://youtu.be/v4QpL9-qTI4

(裏)今日は朝から晴れ上がり湿度も低く爽やかー!こういう日が今後なくなっていくのか・・しばらく・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

この記事も読まれています



スポンサーリンク