毎日1分!英字新聞YouTubeチャンネルがスタートしました。今日の配信記事をその日にネイティブ音声で公開します。

音声の読み上げスピードはNormal, 120%, 150%と3段階。(150%は早口の世界)

これを繰り返し聞けば、1年後にはリスニング力が大幅に向上していることでしょう。今すぐ登録して毎日、リスニングの学習にご活用ください。では!

https://www.youtube.com/channel/UCnAS9WqXFfsUjahainO4Smg

毎日1分!英字新聞 石田

台風 『ロウキー』 が日本上陸、死者6人に

Typhoon Roke Lands in Japan, Kills 6

Powerful typhoon Roke has struck disaster-ravaged Japan, bringing heavy rains, strong winds, and floods that have killed six people so far.

■チェック

・land  [動詞]上陸する
・disaster-ravaged  災害で破壊された
・flood  洪水
・so far  今までのところ

■対訳

「台風 『ロウキー』 が日本上陸、死者6人に」

強い台風 『ロウキー』 が災害で疲弊する日本を襲い、大雨、強風、洪水をもたらした。
これまでに6人が死亡している。

■訳出のポイント

台風のアジア名については、先日詳しい説明をしました。

今回日本を襲った台風15号のアジア名は Roke 「ロウキー」で、米国の男性名からつけられたものです。

land は 「陸地」 あるいは 「土地」 という名詞としてよく知られる語。

ただし、今日は動詞として登場しているので注意しましょう。

動詞 land は 「上陸する」 「着陸する」 などの意です。

そこで、タイトルの Typhoon Roke Lands in Japan は「台風 『ロウキー』 が日本に上陸する」 ということです。

ravage は 「~を破壊する」 「~を荒廃させる」 という動詞。

したがって、その過去分詞 ravaged を用いた連結語 disaster-ravaged は「災害で破壊された」 「災害によって荒廃(疲弊)した」という意味になります。

つまり、disaster-ravaged Japan は、3月の地震・津波で大きな被害を受け、未だ完全に復興していない日本のことを表現しているわけです。

heavy というと即 「重い」 という訳が浮かぶかもしれません。

しかし、おなじみの基本的な形容詞 heavy は、今日の heavy rain 「大雨」のように、「激しい」 「猛烈な」 というニュアンスでもしばしば使われます。

例えば、 heavy traffic 「激しい交通」 → 「交通混雑」 といった具合です。

今年は台風の当たり年でしょうか?

台風15号は中部地方に大雨・洪水・土砂崩れなどをもたらした後、関東・東北へと進路を取り本州縦断の気配・・・今後も被害が心配です。

■編集後記

台風でJRが止まって品川駅や渋谷駅では帰宅困難者が続出したと、ニュースで見ました。
交通網が遮断されると都市機能は完全に麻痺してしまいます。
自然の猛威の前には近代的なテクノロジーや社会システムは全くの無力であることを思い知らされます。
(裏)今日からパナソニック。
石川がんばれ!

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

この記事も読まれています



スポンサーリンク