ゴディバ、北米全128店舗を閉店へ

Godiva to Close All 128 Stores in North America

Godiva will close all 128 of its brick-and-mortar stores in North America by the end of March, the luxury chocolatier announced.

■チェック

・close (a store)  閉店する
・brick-and mortar store  実店舗
・luxury chocolatier  高級チョコレートメーカー

■対訳

「ゴディバ、北米全128店舗を閉店へ」

高級チョコレートメーカーのゴディバが、北米にある実店舗128店の全てを3月末までに閉店すると発表した。

■訳出のポイント

close はもともと、

開いているドア、扉などを 「閉じる」 「閉める」

という動詞。

店や工場などを 「閉じる」 「閉鎖する」 「営業を中止する」

という意味でも頻出ですね。

close a store だと

「店を閉める」 「閉店する」。

“その日の営業時間が終わって閉店する”

という場合にも

“営業を辞めて完全に閉店する”

という場合にも使われる表現です。

brick は 「れんが」 で、

mortar は 「モルタル」。

そこで、

brick-and-mortar は

「れんがとモルタルでできた」

という形容詞。

ここから、近年は

店舗などが、インターネット上ではなく

「建物を持っている」 → 「実在の」

という意味でしばしば使われるようになっています。

a brick-and-mortar store

あるいは

a brick-and-mortar shop で

「実店舗」

ネットショップに対する「リアルショップ」

という意味になるわけです。

luxury の語源は

「豪華さ」 「過剰」 を意味するラテン語 luxuria。

ここから

「豪華さ」 「快適な状態」 「贅沢」

という名詞となっています。

形容詞形は luxurious ですが、

luxury の方が語調が強いため、

特に広告などでは

形容詞的に 「豪華な」 「贅沢な」 「高級な」

という意味合いで多用される傾向があります。

今日の場合は

luxury chocolatier で

「高級チョコレイートメーカー」

というわけです。

ちなみに、chocolatier は

もともとはフランス語で

高級な 「チョコレート製造販売会社」 「チョコレート菓子職人」。

最近では日本語でも

「チョコラティエ」

と言われるようになってきましたね。

日本でも人気の高級チョコレート店ゴディバは、ベルギーで創業し後に米国に進出して成功を収めました。

2007年からトルコの食品メーカー Ulker の子会社になっています。

同社は2019年4月にはNYに米国発のカフェ併設の店舗ゴディバ・カフェをオープンし、6年以内に世界で2000店のカフェを展開する計画を示していました。

しかし、その後、新型コロナウイルスの大流行で消費者の購買行動が変化し、実店舗での売上が激減。

今回、北米の128店舗すべてを2021年3月末までに閉店する、という発表になりました。

一方、オンライン販売および食料品店など販売パートナーを通じた売上は成長しており、そちらを重視する戦略に転じる形ですね。

また、欧州、中東、東アジアでの販売店舗は維持するということです。

■編集後記

ただでさえ、消費者の購入パターンが実店舗からネットへと移っている中、コロナでそれが一気に加速している状況ですね。ただゴディバに関しては、日本では最近急激に店舗が増えている感がありました。結構、地方にも積極的に展開していて、こんなローカルな場所に!と驚いた記憶も。。。

(裏)麒麟、あと2話。うーん、いま放映している本能寺直前あたりをもっと描いて欲しかった・・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク