毎日1分!英字新聞YouTubeチャンネルがスタートしました。今日の配信記事をその日にネイティブ音声で公開します。

音声の読み上げスピードはNormal, 120%, 150%と3段階。(150%は早口の世界)

これを繰り返し聞けば、1年後にはリスニング力が大幅に向上していることでしょう。今すぐ登録して毎日、リスニングの学習にご活用ください。では!

https://www.youtube.com/channel/UCnAS9WqXFfsUjahainO4Smg

毎日1分!英字新聞 石田

中国の探査機、火星着陸に成功

China Successfully Lands a Rover on Mars

China successfully landed its rover on Mars, according to state media, becoming the third country in history to put a rover on the red planet.

■チェック

・successfully 成功のうちに
・land a rover 探査機を着陸させる
・Mars (=the red planet) 火星
・state media 国営メディア、国営通信社
・surface 地表

■対訳

「中国の探査機、火星着陸に成功」

中国の国営メディアによると、同国の探査機が火星着陸に成功したという。火星への探査機着陸はこれで史上3ヵ国目となった。

■訳出のポイント

「成功」 という名詞としておなじみの

success

から派生した副詞

successfully は

英字新聞でも頻出です。

とくに、今日のように宇宙開発や科学などの話題で

「~することに成功した」

という場合、

「成功する」 という動詞 succeed

が使われることはほとんどありません。

そのかわりに

【successfully + V 】

という形で

「成功のうちに~する」 → 「~することに成功する」

と表現するのが通例となっています。

今日のタイトルでも

China has successfully landed a rover on Mars で

「中国が成功のうちに探査機を火星に着陸させた」 →

「中国が探査機を火星に着陸させることに成功した」 →

「中国の探査機が火星着陸に成功した」

というわけです。

state media の

state は

「国」 「国家」 の意。

したがって

「国のメディア」 → 「国営メディア」

ということですね。

中国の場合、

「新華社」 「中国中央電視台 (CCTV)」 など、

共産党政権が統制している通信社やテレビなどが

この state media

に当たります。

red planet は直訳すると

「赤い星」。

the red planet は

「火星」

の別称としてよく登場する言い方なので

(the planet) Mars

とセットで確認しておきたいですね。

そこで、本文後半のカンマ以下は

「火星に探査機を置いた歴史上3番目の国になった」 →

「火星への探査機着陸はこれで史上3ヵ国目となった」

ということです。

中国国家宇宙局の探査機 『天問1号』 は去年7月に打ち上げられ、

今年2月に火星の周回軌道に到達。

その 『天問1号』 が15日午前に火星への着陸に成功したと
伝えられました。

火星への着陸は旧ソビエトとアメリカに次いで史上3ヵ国目。

旧ソ連は1971年に火星に探査機着陸を成功させるも、着陸後すぐに通信が途絶えています。

一方アメリカは、1976年に探査機を火星に着陸させ、その後の地表探査にも成功。

今回の 『天問1号』 に搭載された探査車が、この後火星の表面を走行し、地形などの調査にも成功すれば、米国に次いで世界で2番目の快挙となるわけです。

中国は近年 “宇宙強国” を目指して、国家総力をあげて宇宙開発に取り組んでいますね。

その成果が、こうしたニュースとして着実に現れるようになってきたことを感じます。

■編集後記

非常事態宣言期間中とはいえ、日常の忙しさは全然変わりません。時間に追われる日々を過ごす一方で、中国の探査機が火星に着陸しています。そんな宇宙の出来事をイメージすると少しだけ心に余裕ができます。

(裏)蒸し暑いですね。関東梅雨入り間近か。5月中に梅雨入りすれば10年ぶりだそうです・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

この記事も読まれています



スポンサーリンク