世界的不況で、インターネット広告収入にも打撃

Global Slump Hits Online Ad Revenues

U.S. Internet advertising revenues fell 5% in the first quarter of 2009 due to the global economic downturn, according to the Interactive Advertising Bureau (IAB).

■チェック!

・global slump ( = global economic downturn) 世界的不況
・ad ( = advertising ) revenue  広告収入

■対訳

「世界的不況で、インターネット広告収入にも打撃」

インターアクティブ広告協会(IAB)によると、世界的不況の影響で、2009年1−3月期における米国のインターネット広告収入は5%減少した。

■訳出のポイント

日本語でも 「スランプに陥る」 などというように、もともと名詞 slump は「沈むこと」 「落ち込むこと」 という意味です。

そこから、物価などについて 「急に落ち込むこと」 → 「下落」 「暴落」、さらに経済の 「不況」 という意味でも頻繁に使われる単語となっています。

そこで、global slump で 「世界的不況」。

これは、本文では global economic downturn と言い換えられています。

ad は名詞 advertisement 「広告」、あるいは形容詞 advertising 「広告に関する」 「広告の」 の略です。

今日のタイトルでは、本文で出ている advertising revenues を短くいう言い方として ad revenues が使われているわけです。

Interactive Advertising Bureau (IAB) はインターネット広告促進を目的とした米国の団体。

米国内の合わせるとインターネット広告の約85%を担う約380のメディア、テクノロジー企業が所属しています。

そして、広告促進だけでなく、例えばバナー広告やポップアップの標準表示サイズといった基準を定めるなど、regulator 「規制・監督機関」として機能しています。

ただ、日本では直接影響力を持たないからか知名度も低く、正式な日本語名称も定められていないようです。

今日の対訳では、「インターアクティブ広告協会」 としておきました。

米国におけるネット広告収入は、2002年以来一貫して増加してきました。

それが、今回2009年の1−3月期は前年比で5%の減少となり、IAB は the first significant slump 「初の大幅減少」 であるとしています。

ただし、その他の業界が受けている打撃に比べると減少率は小さく、すでに回復方向が如実に現れていることもあり、今後の展望については楽観視できるだろう、という見解も出しています。

■編集後記

僕の会社はインターネット広告から少なからず恩恵を受けているのですが、やはり、全体として停滞傾向を感じています。
事業の清算、統合などで、広告主が一時、ネット広告露出を控えたり、撤退したり。
たとえば外資系の金融グループが国内の消費者金融部門から撤退したときは、かなり影響ありました。
しかし、モバイル広告に関しては弊社の場合、ずっと右肩上がりです。
何事もものごとは波を描いて拡大、成長します。
今後もインターネット広告はますます伸びるとは思っています。。。

(裏)明日から人間ドック。。です!!
初めての胃カメラ。。(怖)

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク