米中貿易戦争、新ラウンドに突入

New Round of China-US Trade War Kicks off

After the US began imposing new 15% tariffs on a variety of Chinese goods on Sunday, China immediately implemented retaliatory measures in the latest escalation of their trade war.

■チェック

・trade war    貿易戦争
・kick off    開始する
・impose new tariffs   新しい関税を発動する
・a variety of Chinese good さまざまな中国製品
・immediately   すぐに、直ちに
・implement retaliatory measures   報復措置を取る
・escalation   激化

■対訳

「米中貿易戦争、新ラウンドに突入」

日曜日に米国がさまざまな中国製品に対し15%の関税を新たに発動させたのを受け、中国も直ちに報復措置を取った。米中貿易戦争は激化の一途をたどっている。

■訳出のポイント

kick off は

もともとはラグビーやサッカーで

「キックオフする」 「ボールを蹴って試合を始める」

という表現。

ここから、

「開始する」 「始まる」

という意味で広く使われる言い方になっています。

英字新聞でもしばしば登場するので、再確認しておきましょう。

impose tariffs は

「関税を課す」。

began imposing new 15% tariffs で

「新しい15%の関税を課すことを開始した」 →

「15%の関税を新たに発動させた」

ということですね。

retaliatory measures は

「報復措置」 「報復手段」。

implement が

「~を実行する」 「~を実施する」

という動詞なので、

implement retaliatory measures だと

「報復措置を実行する」 「報復措置を取る」

というわけです。

escalation は

「エスカレートすること」 → 「拡大」 「増大」 「激化」。

そこで、本文末尾の

in the latest escalation of their trade war

の部分は

「彼らの(=両国=米中)貿易戦争の最新の激化において」 →

「米中貿易戦争のさらなる激化の中で」

という意味合いになります。

今日の対訳では、この部分を

「(こうして)米中貿易戦争は激化の一途をたどっている」

と、前の部分全体を受ける形で独立させています。

トランプ政権は1日、約1100億ドル(約11兆7000億円)相当の中国製品への追加関税を新たに発動しました。

そして、対する中国も、約750億ドルの米国製品を対象に報復関税を段階的に発動。

1日には米国産豚肉、牛肉、鶏肉や他の農産品に10%、大豆に5%の追加関税が適用されました。

エスカレートが止まらない米中貿易戦争・・・

すでに出始めている世界経済への影響が懸念されます。

■編集後記

米国がくしゃみをすると日本は風邪をひく、と言われてましたが今や、中国がくしゃみをしても日本はインフルエンザにかかるくらい・・・それが米中がくしゃみをしたら日本は・・・消費が冷え込んでいる中で10月から消費税アップですし、暗いトンネルに時代は入っていきそうです。

※英文記事は、アカデミアジャパン株式会社にてオリジナルで作成しています。無断転載を禁止します。

(裏)今日は1日山王病院・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク