ボーイング、737MAX 来月から生産停止に

Boeing to Halt 737 Max Production Next Month

Boeing plans to suspend production of the 737 Max starting January, the US aircraft manufacturing giant announced on Monday.

■チェック

・halt (=suspend) production   生産を(一時)停止する
・aircraft manufacturing giant    航空機製造大手

■対訳

「ボーイング、737MAX 来月から生産停止に」

米航空機製造大手のボーイングは、1月から737MAXの生産を停止する予定だという。同社が月曜日に発表した。

■訳出のポイント

halt の語源は、

「止まる」 という意味のドイツ語 halten の命令形 halt。

ここから

「止まる」 「停止する」

という動詞となっています。

意味的には stop とほぼ同じですが、
より堅い語というイメージで理解しておきましょう。

そこで、タイトル中の

halt production は

「生産を停止する」

ということです。

また、本文では

halt の代わりに suspend が使われていますね。

動詞 suspend はもともと

宙に 「つるす」 「ぶら下げる」 の意。

転じて

機能、活動、事業などを 「(一時的に)停止する」 「中断する」

という意味でも頻出の動詞となっています。

前述の halt (=stop) に比べると

“一時的に”

というニュアンスが強い点に注意したい単語ですね。

giant の語源は

ギリシア神話の巨人 「ギガス」 gigas 。

ここから、

物語に登場する 「巨人」 「巨漢」 「大男」

を意味する名詞です。

ただ、人以外にも企業や国、組織などを指すことも多く、

日本語の 「大企業」 「大国」 「大組織」

に当たる新聞用語として頻出です。

特に、企業の場合は前に業種を示す表現をともなって

「~大手」

という形で用いられることが多いですね。

advertising giant 「広告大手」

telecom (=telecommunications) giant 「通信大手」

といった具合です。

今日の場合は

US aircraft manufacturing giant で

「米国の飛行機製造大手」

というわけです。

ボーイング社の新型旅客機 737MAX は、2018年10月にインドネシアで、今年3月にエチオピアで墜落事故を起こして、同3月から世界各地で運航停止に。

同社は年内に

Federal Aviation Administration (=FAA)

「米連邦航空局」

から運航再開に向けた認証を得ることを目指していましたが、その見通しが立たなくなったため、2020年1月から生産停止を決めたということです。

ボーイングは事故後も737MAX の生産を続けており、すでに出荷待ちの在庫が400機に上っているといいます。

■編集後記

10ヶ月以上運航停止のままなのに、生産はずっと続けていたというのは、ボーイングはかなり強気というか傲慢な姿勢だったという気がします。大型旅客機の在庫を400機抱え・・・というのがどの程ヤバイ状態なのか素人には想像しづらいですね。もしかしたら投げ売りが始まるのだろうか・・・それも怖いですが・・・

(裏)今日は第九と家族忘年会

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク