九州で豪雨続く、死者53人

53 Dead As Heavy Rains Continue to Hit Kyushu, Japan

Torrential rains continued to hit Kyushu, Southwestern Japan, on Tuesday, boosting the death toll to 53.

■チェック

・heavy (torrential) rains   豪雨、強雨
・continue to    ~し続ける
・hit     (天災が特定の地域を)襲う
・boost    ~を押し上げる、
・death toll   死亡者数

■対訳

「九州で豪雨続く、死者53人」

日本南西部の九州では火曜日も豪雨が続き、死亡者数は53人に達した。

■訳出のポイント

heavy rain は

「激しい雨」 → 「強雨」 「豪雨」

ですね。

torrential はもともと

「急流の」 「激流の」

という形容詞。

ここから

激流(奔流)のように 「激しい」

という意味でも用いられます。

そこで、

torrential rain も

「激しい雨」 → 「強雨」 「豪雨」

という言い方になっているわけです。

「打つ」 「たたく」 「ぶつける(ぶつかる)」

という意味でおなじみの動詞 hit 。

英字新聞では

天災などが特定の場所を 「襲う」 「打撃を与える」

という意味でしばしば登場していますね。

【(天災) hit (場所)】

という形で

「(天災)が(場所)を襲う」 →

「(場所)が(天災)に見舞われる」

という意味合いで捉えると、わかりやすいかと思います。

そこで、タイトルでは

heavy rains (continues to) hit Kyushu で

「豪雨が九州を襲い(続ける)」 →

「九州が豪雨に見舞われ(続ける)」。

つまり、

「九州で豪雨(による被害)が続く」

という意味合いになっていますね。

また、本文前半部分は

「火曜日に日本南部の九州が豪雨に見舞われ続けた」 →

「火曜日も日本南部の九州で豪雨が続いた」

ということです。

boost は

「~を押し上げる」

という動詞。

ここから、

値段などを 「引き上げる」

数値などを 「上昇させる」

といった意味で広く使われます。

したがって、本文後半の

boosting the death toll to 53

の部分は

「(火曜日にも豪雨が続いたことが)死亡者数を53に上昇させた」 →

「(火曜日にも豪雨が続き)死亡者数は53人に上った」

となっています。

7日も九州各地で豪雨が続き、熊本県を中心に53人が死亡、2人が心肺停止、さらに13人が行方不明となっています。

まだ被害が把握できていない地域もあり、警察、消防、自衛隊が引き続き捜索して確認を進めている状況といいます。

また、九州ではこの後も大雨が降る恐れがあるということで、まだまだ警戒が必要のようです。

■編集後記

ここ数年の “豪雨” は、もう人が対処できるようなレベルでなくなってきていますね。これからは、河川の近くや低い土地、あるいは土砂災害警戒地域には住まない、というのが最も現実的な対策になるのかもしれません。。。

(裏)東京、都内の感染者は7日ぶりに2桁・・でもまだまだ増えそうですね・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク