ウィンブルドン準々決勝:フェデラーが錦織に勝利

Wimbledon: Federer Beat Nishikori in Quarterfinal

Roger Federer beat Kei Nishikori 4-6 6-1 6-4 6-4 to mark his 100th win at Wimbledon on Wednesday. Federer will play against his old foe, Rafael Nadal, in the semifinal.

■チェック

・beat ~を負かす
・quarterfinal 準々決勝
・mark ~を記録する
・play against ~と対戦する
・old foe 宿敵
・semifinal 準決勝

■対訳

「ウィンブルドン準々決勝:フェデラーが錦織に勝利」

水曜日、ロジャー・フェデラーが錦織圭を4−6、6−1、6−4、6−4で破り、ウィンブルドンでの通算100勝目を達成した。フェデラーは準決勝で宿敵のラファエル・ナダルと対戦する。

■訳出のポイント

quarterfinal は 「準々決勝」、

semifinal は 「準決勝」。

そして、

final が 「決勝」 です。

これらは、まとめておぼえておくといいですね。

mark はもともと

「印」 「記号」 「目印」 「指標」

あるいは

「点数」 「評点」

を意味する名詞。

ここから、

「印をつける」 「(得点を)記録する」

といった意味の動詞としても頻出です。

今日の場合は

mark his 100th win at Wimbledon で

「ウィンブルドンにおいて100回目の勝利を記録する」 →

「ウィンブルドンでの通算100勝目を達成する」

ということですね。

foe は

「敵」 「かたき」。

競技や論争における

「相手」 「敵対者」

を指す語としても頻出です。

old foe は直訳すると

「古い敵」。

日本語の

「宿敵」

に当たる表現となっています。

play against his old foe で

「宿敵と対戦する」

ということです。

テニス4大大会ウィンブルドン、男子シングルス準々決勝で世界ランク7位の錦織圭が同3位のロジャー・フェデラーと対戦。

錦織が1セットを先取するも、その後フェデラーが3セット連取で逆転勝利をおさめました。

この勝利で、フェデラーは史上初の大会通算100勝目達成。

ウィンブルドンのみでなく、四大大会を通じて最多勝利記録だということです。

この歴史的快挙と37歳のフェデラーの圧倒的なプレーに、海外メディアは惜しみない賞賛を贈っています。

そして、次の準決勝では、宿敵ナダルとの対戦になります。

この二人がウィンブルドンで最後に対戦したのは2008年の決勝。

『テニス史上最高の試合』 との言われることも多い名勝負でした。

果たして、その激戦の再現となるのか・・・
多くのテニスファンが期待しています。

■編集後記

東京は明日曇りのようですがその後再び雨。週末からの3連休も雨マークが出ています。雨だと犬の散歩に傘をさして行かねばならず、それが面倒です。ジョギングもできませんし。夜も街行く人は上着を着ていますね。半袖は寒いです。

個人は日記をブログに書いて報酬を得ます。ビジネスオーナーはネット集客を加速します。

石田塾、地味に募集中です。先着150名に入ってくださいね。
https://www.ijk12.net/sp/

(裏)NHKの政見放送、本当変な人が時々出てきますね・・・NHKから国民を守る党とか・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク