毎日1分!英字新聞YouTubeチャンネルがスタートしました。今日の配信記事をその日にネイティブ音声で公開します。

音声の読み上げスピードはNormal, 120%, 150%と3段階。(150%は早口の世界)

これを繰り返し聞けば、1年後にはリスニング力が大幅に向上していることでしょう。今すぐ登録して毎日、リスニングの学習にご活用ください。では!

https://www.youtube.com/channel/UCnAS9WqXFfsUjahainO4Smg

毎日1分!英字新聞 石田

トラハン:ボブ・ホープ・クラシック優勝

Trahan Wins Bob Hope Classic

American D.J. Trahan clinched his second PGA Tour title, beating Justin Leonard by three shots at the Bob Hope Classic on Sunday.

■チェック

・clinch (勝利を)確定する
・beat 打ち負かす

■対訳

「トラハン:ボブ・ホープ・クラシック優勝」

米国のD.J.トラハンが日曜日にボブ・ホープ・クラシックでジャスティン・レナードを3打差で退け、PGA(全米プロゴルフ)ツアー2勝目を上げた。

■訳出のポイント

clinch はもともと、打ち込んだくぎを 「打ち曲げる」 「たたきつぶす」という動詞で、そうすることによって(板などを)「しっかり固定する」という意味にも使われます。

ここから、スポーツの試合などにおいて 「勝利を決定的にする」「勝利を確定する」 という意味で用いられるようになっています。

そこで、clinched his second PGA Tour title は 「(彼の)2つめのPGAツアータイトルを確定した」 → 「PGAツアー2勝目を上げた」 となります。

beat もスポーツ関連の英字新聞でよく登場する動詞。

元来は 「打つ」 「たたく」 「殴る」 の意味ですが、試合などで敵や競争相手を 「打ち負かす」 「打ち破る」 → 「打ち勝つ」 という意味でも使います。

ただし、あくまでも略式で使われる用法であり、フォーマルな文章ではdefeat という動詞が同じ意味で用いられます。

by _ shots 「_打差で」 という表現、復習しておきましょう。

shots の代わりに strokes が用いられることもありましたね。

■編集後記

ボブ・ホープ・クライスラー・クラシックで惜しくも2位のジャスティン・レナード。昨シーズンの終わり頃からめちゃくちゃ調子いいみたいですね。
ところでこの大会は、プロアマ大会で、最終日以外、一緒にアマチュア(著名人)も回ります。
日本ではちょっと考えられませんね。よくあるのは予選ラウンドの前日に主催者が招待したアマチュアと一緒に回るプロアマ。これはスコアには関係ありません。しかし、ボブホープクラシックはアマチュアとのラウンドもトーナメントのスコアにしっかり計上されるんです。。

(裏)ジャイアント白田のファンです。大食いを観るのは大好きです。

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

この記事も読まれています



スポンサーリンク