毎日1分!英字新聞YouTubeチャンネルがスタートしました。今日の配信記事をその日にネイティブ音声で公開します。

音声の読み上げスピードはNormal, 120%, 150%と3段階。(150%は早口の世界)

これを繰り返し聞けば、1年後にはリスニング力が大幅に向上していることでしょう。今すぐ登録して毎日、リスニングの学習にご活用ください。では!

https://www.youtube.com/channel/UCnAS9WqXFfsUjahainO4Smg

毎日1分!英字新聞 石田

スターバックスが美団と提携、中国でコーヒー宅配

Starbucks Teams up with Meituan for Coffee Delivery in China

U.S. coffee chain Starbucks announced on Tuesday that it has entered into a partnership with Chinese tech giant Meituan to expand delivery services in the country.

■チェック

・team up with ~と提携する
・Meituan 【中国】美団
・enter into a partnership with ~と提携を結ぶ
・tech giant テクノロジー大手
・expand delivery services 宅配サービスを拡大する

■対訳

「スターバックスが美団と提携、中国でコーヒー宅配」

米コーヒーチェーンのスターバックスは火曜日、中国での宅配サービスを拡大するため、同国のテクノロジー大手 『美団』 と提携を結んだと発表した。

■訳出のポイント

team は

「チーム」 「団」 「組」

という意味の名詞としておなじみの単語ですね。

今日のタイトルでは、

「チームになる」 → 「協力する」 「共同する」

という動詞として登場しています。

team up with ~ で

「~と協力する」 「~と提携する」

という言い方になっています。

一方、

partnership も

「提携」 「共同」 「協力」 「協調」

という名詞。

enter into a partnership with ~ で

「提携(の関係)に入る」 → 「提携を結ぶ」

という表現になっています。

expand は

【ex-(外へ)+ -pand(広がる)】

という成り立ちの語で

「外へ広がる」 → 「拡大する」 「拡張する」

という動詞です。

ここでは

expand delivery services で

「宅配サービスを拡大する」

ということですね。

世界第2の経済である中国は、スターバックスにとっても米国に次ぐ主要市場で、現在約5000店舗を展開しています。

世界で最もスタバが多い都市は上海市で、約900店舗もあるそうです。

その中国で、同社はこれまでもネット通販大手アリババや対話アプリのウィーチャット(微信)などと業務提携を進めてきました。

そして今回は、食品宅配などを手がけるテクノロジー大手の「美団」 との提携を発表。

6億6700万人のユーザーを持つ美団のアプリを通じてスターバックスの商品を注文できるようになるということです。

■編集後記

通販と並んで宅配はコロナ禍で躍進した業界の一つですね。そして、コロナ終息後も、この傾向は続くかと思います。中国は日本よりもずっと茶文化が深く強い社会・・・そこも攻略したスタバはやはりすごいと思います。

1日1分!英字新聞が先日、東洋経済オンラインで4ページに渡って特集されました!
https://toyokeizai.net/articles/-/501902

本はこちら!
https://amzn.to/3qPj4DL

今日の動画
https://youtu.be/0MGYUcuCal0

(裏)寒い日が続きます。ただ日の入りが少しずつ遅くなって来ているような気はしますね!

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

この記事も読まれています



スポンサーリンク